FC2ブログ

HEGURA BIRDING.COM ~舳倉島の野鳥記録~

Hegura is a tiny island in the Japan Sea located on the north of Ishikawa Prefecture. The island is one of the best places for migratory birds and birders in Japan. My daily birds are here "yukibirding.com".

15th and 16th May 2019

5月15日、16日 舳倉島


シーズン3度目の今回は2日間の遠征でしたが、島には宿泊せず、2日連続の日帰り探鳥となりました。

記録は2日間のまとめです。

I went 1 day birding in the island 2 days in a row on 15th and 16th of May.



船から遠かったですが、まずはイルカたちが出迎えてくれました。
DSC_5024.jpg
First of all, I saw the dolphins, though they were pretty far from the ferry.




春の定番であるアカエリヒレアシシギが、いつものように見られました。

これが今回の一番大きな群れで、みんな綺麗な夏羽です。
DSC_5037 (2)
It was the biggest flock of Red-necked Phalaropes this time.

They are usual migratory birds on the sea route, but it's pretty difficult to see them from the shore or in the inland.




島ではキビタキがとても多い日でした。

舳倉島らしく、民家の軒先にオス成鳥。
DSC_5033.jpg
Male adult Narcissus Flycatcher.

To see this bird on the edge of the eaves is very Hegura-like.



オスほどは目立ちませんが、メスもたくさんいました。

キビタキ、メス第一回夏羽。
DSC_5027 (2)
Female 1st summer Narcissus Flycather.

I saw a lot of Narcissus around the island on both days.




本土では少ないムギマキは、オスの若鳥と成鳥が1羽ずつ見られました。

こちらはオス成鳥。
DSC_5058 (2)
Male adult Mugimaki Flycatcher.

Mugimaki is a pretty rare bird in the mainland, and I saw this male adult and a male first summer this time.




遠くて一瞬でしたが、久々にサンコウチョウも見られました。

美しいオスの成鳥でした。
DSC_5057.jpg
Male adult Japanese Paradise Flycatcher.

This is not a good photo at all, but it was nice to see the beautiful male.




この2日間で多かったムシクイは、エゾムシクイとセンダイムシクイでした。

エゾムシクイは、基本的に地面に近い茂みの中を動き回っていました。
DSC_5046 (2)
Sakhalin Leaf Warbler that is basically moving in the lower position of the bush.


The majority of warblers were Sakhalin Leaf and Eastern Crowned this time.


開けた草地や、少し高い枝にはセンダイムシクイが多かったです。
DSC_5050 (2)
Eastern Crowned Warblers were in the open grass areas or on rather higher branches.




海岸の岩礁地帯では、マミジロツメナガセキレイとムネアカタヒバリを1羽ずつ見付けました。

なんとか撮影できたムネアカタヒバリは、若いのか換羽が遅いのか、胸の赤味は全くありませんでした。
DSC_5041.jpg
I found a Red-throated Pipit at the shore.

It could be a 1st summer bird, because it doesn't have any reddish tint around the throat at this time of year.




猛禽類も、たくさん現れました。

南から帰ってきたサシバが、さらに北へ渡って行きました。
DSC_5060.jpg
A Grey-faced Buzzard appeared from south and gone north.



ハチクマも、島の上空をしばらく舞っていました。

淡色型、メス成鳥。
DSC_5064 (2)
Female adult pale morph Honey Buzzard.

It was circling in the sky for a while.



舳倉で一番よく目にする猛禽類ハヤブサは、一年を通してほぼ毎回見られます。

成鳥。
DSC_5066 (2)
Adult Peregrine Falcon.

It is very common birds of prey in the island, so I can see it almost everytime I visit.




そして今回一番嬉しかったのはチゴハヤブサ。

メス成鳥が、丸一日とまってくれてくれていました。
DSC_5040 (3)
A female adult Hobby had pearched on the branch all day long on the second day.

It is not so common bird in our region, so it was nice to see it like this.




1.ヒドリガモ  Eurasian Wigeon
2.カルガモ  Eastern Spot-billed Duck
3.コガモ  Eurasian Teal
4.カラスバト  Black Woodpigeon
5.キジバト  Oriental Turtle Dove
6.アオバト  White-bellied Green Pigeon
7.オオミズナギドリ  Streaked Shearwater
8.ヒメウ  Pelagic Cormorant
9.ウミウ  Temminck's Cormorant
10.アオサギ  Grey Heron
11.ダイサギ  Great Egret
12.ツツドリ  Oriental Cuckoo
13.アマツバメ  Pacific Swift
14.イソシギ  Common Sandpiper
15.アカエリヒレアシシギ  Red-necked Phalarope
16.ウミネコ  Black-tailed Gull
17.トウゾクカモメ  Pomarine Skua
18.ミサゴ  Osprey
19.ハチクマ  Honey Buzzard
20.トビ  Black Kite
21.サシバ  Grey-faced Buzzard
22.コノハズク  Oriental Scops Owl
23.チゴハヤブサ  Hobby
24.ハヤブサ  Peregrine Falcon
25.サンショウクイ  Ashy Minivet
26.サンコウチョウ  Japanese Paradise Flycatcher
27.モズ  Bull-headed Shrike
28.ハシブトガラス  Large-billed Crow
29.ツバメ  Barn Swallow
30.ヒヨドリ  Brown-eared Bulbul
31.ウグイス  Japanese Bush Warbler
32.ムジセッカ  Dusky Warbler
33.キマユムシクイ  Yellow-browed Warbler
34.オオムシクイ  Kamchatka Leaf Warbler
35.エゾムシクイ  Sakhalin Leaf Warbler
36.センダイムシクイ  Eastern Crowned Warbler
37.メジロ  Japanese White-eye
38.オオヨシキリ  Oriental Reed Warbler
39.コヨシキリ  Black-browed Reed Warbler
40.マミジロ  Siberian Thrush
41.クロツグミ  Japanese Thrush
42.マミチャジナイ  Eyebrowed Thrush
43.イソヒヨドリ  Blue Rock Thrush
44.コサメビタキ  Asian Brown Flycatcher
45.キビタキ  Narcissus Flycatcher
46.ムギマキ  Mugimaki Flycatcher
47.オオルリ  Blue-and-white Flycatcher
48.マミジロツメナガセキレイ  Yellow Wagtail
49.ハクセキレイ  White Wagtail
50.ビンズイ  Olieve-backed Pipit
51.ムネアカタヒバリ  Red-throated Pipit
52.アトリ  Brambling
53.カワラヒワ  Oriental Greenfinch
54.シメ  Hawfinch
55.イカル  Japanese Grosbeak
56.ノジコ  Japanese Yellow Bunting
57.アオジ  Masked Bunting
58.クロジ  Grey Bunting

  1. 2019/05/16(木) 13:41:36|
  2. 舳倉島
  3. | コメント:0

22nd April 2019

4月22日 舳倉島



今季2度目の遠征は前回の10日後でしたが、当然のことながら鳥の種類は変わり、数も増えていました。

The 2nd visit in this season was 10 days after the 1st.

Of course, the birds were different and increased.




行きの航路では、まだ少数ですがアカエリヒレアシシギが見られました。

珍しく上空に舞い上がり、この後さらに上昇しました。
DSC_3556.jpg
I saw some Red-necked Phalaropes from the boat on the way to the island.

They normaly fly along the surface, so I don't see them flying high like this.




舳倉島はもちろん猛禽類にとっても楽園です。

この日もハイタカのメス成鳥が飛んでいました。
DSC_3566.jpg
Female adult Eurasian Sparrowhawk.

The island is of course one of the best pleces for birds of prey.




前回に比べ、島にはやはり夏鳥が増えていました。

オオルリ、オス成鳥。
DSC_3540.jpg
Male adult Blue-and-white Flycatcher.

A lot of summer birds had arrived at the island after my 1st visit.




キビタキやコマドリも到着していますが、コマドリの姿を見るのは日帰りでは至難の業です。。。

キビタキ、オス成鳥。
DSC_3568.jpg
Male adult Narcissus Flycatcher.

Blue-and-white and Narcissus are popular summer birds in Japan, but I always take photographs, because they are just beautiful.




ホオアカも舳倉でよく見られますが、草地からあまり出てこないので目立たない鳥です。

この時は、おそらくメスの第一回夏羽が、目立つところにとまってくれました。
DSC_3522.jpg
Chestnut-eared Bunting, may be female 1st summer.

It's usually staying in the grasses, so it was nice opportunity to take a photo like this.




ビンズイもいい場所に出てきてくれました。

ビンズイやタヒバリの仲間も識別が難しいので、分かりやすい場所にとまってくれると助かります。
DSC_3523 (2)
The only pipit I saw on this day was this Olieve-backed.

It perched on a good branch to identify.




ミヤマホオジロは島で一番多い鳥の一つなので、なんとかいい写真が撮れました。

メス成鳥。
DSC_3543 (3)
Female adult Elegant Bunting.

I could take a good shot, because it is the one of the most common birds in the island.




そして今回見つけた大物はこちら。

ハシグロヒタキ、オス第一回夏羽。
DSC_3533 (2)
The best one I found this time was this Northern Wheatear.

It was a male 1st summer with the juvenile feathers.



逆光と黒い岩の上の陽炎とで、撮影は非常に難しかったですが、とても嬉しい出会いでした。

翼が真っ黒ではなく、幼羽であることが、第一回夏羽の特徴です。
DSC_3536 (2)
The backlight and the heat haze on the black rocks made me difficult to photograph it, but it was so nice to see this good bird.




そして今年最初の難問がコレ。

Next bird was my 1st tricky one in this seaosn.


最初は、三列風切から顕著に突出する初列風切を見て、コヒバリだと思いました。

が、コヒバリの決定打である初列風切の突出があるにもかかわらず、全体的な模様は完全にヒメコウテンシ・・・。
DSC_3532.jpg
I thought it would be a Asian Short-toed Lark at the first sight, because it had an obvious primary projection.

However, the dark patch on the breast-side and whole pattern would be proper for standard Greater Short-toed Lark...

Then I asked a friend of mine Mr.Neil Davidson, and he always give me a convincing tip to lead me to the answer.



そんなこともあるのかと、私の友人であり良きアドバイザーでもあるMR.ニール・ダビッドソンに相談の上、この個体は奇跡的に最長三列風切を左右ともに欠損したヒメコウテンシであるとの結論に至りました。


このように、大きな三列風切が片側2枚しか見えず、そのために初列が突出するという、偶然の重なったヒメコウテンシでした。
DSC_3529.jpg
Finally, I consider it to be a Greater Short-toed Lark which lacks both longest tertials.

It may sounds too much of a coincidence, but indeed it has only 2 large tertials in the images.




最後は帰りの航路にて、シロエリオオハム。

飛んでいる夏羽の個体もたくさんいましたが、唯一浮いていたこの一羽は夏羽に換羽中の個体でした。
DSC_3545.jpg
The last one is this Pacific Diver on the way back to Wajima.

It's just moulting to summer plumage.





1.カラスバト  Black Woodpigeon
2.キジバト  Oriental Turtle Dove
3.シロエリオオハム  Pacific Diver
4.オオミズナギドリ  Streaked Shearwater
5.ヒメウ  Pelagic Cormorant
6.ウミウ  Temminck's Cormorant
7.アオサギ  Grey Heron
8.ダイサギ  Great Egret
9.チュウサギ  Intermediate Egret
10.ケリ  Grey-headed Lapwing
11.アカエリヒレアシシギ  Red-necked Phalarope
12.ウミネコ  Black-tailed Gull
13.ウミスズメ  Ancient Murrelet
14.カンムリウミスズメ  Japanese Murrelet
15.ウトウ  Rhinoceros Auklet
16.トビ  Black Kite
17.ハイタカ  Eurasian Sparrowhawk
18.ハヤブサ  Peregrine Falcon
19.モズ  Bull-headed Shrike
20.ハシブトガラス  Large-billed Crow
21.キクイタダキ  Goldcrest
22.ヒメコウテンシ  Greater Short-toed Lark
23.ヒバリ  Eurasian Skylark
24.ツバメ  Barn Swallow
25.イワツバメ  Asian House Martin
26.ヒヨドリ  Brown-eared Bulbul
27.ウグイス  Japanese Bush Warbler
28.メジロ  Japanese White-eye
29.クロツグミ  Japanese Thrush
30.シロハラ  Pale Thrush
31.ツグミ  Dusky Thrush
32.コマドリ  Japanese Robin
33.ルリビタキ  Red-flanked Bluetail
34.ジョウビタキ  Daurian Redstart
35.ノビタキ  Stejneger's Stonechat
36.ハシグロヒタキ  Northern Wheatear
37.イソヒヨドリ  Blue Rock Thrush
38.キビタキ  Narcissus Flycatcher
39.オオルリ  Blue-and-white Flycatcher
40.ハクセキレイ  White Wagtail
41.ビンズイ  Olieve-backed Pipit
42.アトリ  Brambling
43.カワラヒワ  Oriental Greenfinch
44.ウソ  Eurasian Bullfinch
45.シメ  Hawfinch
46.ホオアカ  Chestnut-eared Bunting
47.ミヤマホオジロ  Elegant Bunting
48.ノジコ  Japanese Yellow Bunting
49.アオジ  Masked Bunting


  1. 2019/04/22(月) 22:32:01|
  2. 舳倉島
  3. | コメント:0

12th April 2019

4月12日 舳倉島


例年通り3月は海が荒れてタイミングが合わず、やっと今年初めて舳倉に渡れました。

Finally, I could get out to Hegura on this day.
I wanted to go in March, but the sea was too rough to get out as usual winter.


この日は舳倉航路の新造船、希海の初就航の日。

今後30年お世話になるであろう船の就航に立ち会えて、幸運なスタートを切れました。
DSC_5695 (2)
It was the first day that this newly-built ferry "Nozomi" went into service.



渡りシーズンの初期は、いつもヤツガシラから。

舳倉では3月によく見られますが、まだいてくれました。
DSC_1423 (2)
Hoopoe is pretty rare bird in mainland, but we can see it every early spring in the island.

I usually see it in March, but it was still there.



ヤツガシラの向こうにもヤツガシラ。

この日は最低2羽いました。
DSC_1388 (2)
There were at least 2 birds on this day.



ツグミはそれほど多くはなかったですが、海岸に1羽、ハチジョウツグミがいました。
DSC_1871.jpg
Dusky Thrush is our common thrush, but I found this Naumann's at the shore.



この日、島で多かったのはミヤマホオジロとジョウビタキでした。

ミヤマホオジロ、オス成鳥。
DSC_1589.jpg
An adult male Elegant Bunting.

There were a lot around the island.



珍しく、開けた場所で群れで採餌していました。

ミヤマホオジロ、メス成鳥。
DSC_1593.jpg
An adult female Elegant Bunting.

Roughly 15 birds are feeding in this low-growing grass area.



少数のムクドリの群れの中に、ホシムクドリも2羽いました。

オス成鳥、夏羽に移行中。
DSC_3515.jpg
An adult male Common Starling winter→summer.

2 Common Starlings were in a small flock of White-cheeked Starlings.



時々島に立ち寄るマガンが、この日は1羽ヘリポートに降り立ちました。

お気に入りの採餌場所になっているようです。
DSC_1583 (2)
A Greater White-fronted Goose landed on the heliport.

It looked like it was a favorite feeding spot of the bird.



ミヤマガラスは3羽まだ残っていました。

風が無かったせいか、上空に舞い上がって旅立とうとしては、諦めて戻ってきていました。
DSC_1588 (2)
3 Rooks were still there.

Then they soared high up into the sky and tried to leave for north a couple of times, but they couldn't because the wind was not good enough.



帰りの航路ではウミスズメ、カンムリウミスズメとも複数見られました。

この時期によく見られるカンムリウミスズメ。
DSC_1577.jpg
I saw some Japanese Murrelets from the ferry on the way back to Wajima.

There are quite a lot of them along the sea route in early spring.



1.マガン  Greater White-fronted Goose
2.キジバト  Oriental Turtle Dove
3.オオミズナギドリ  Streaked Shearwater
4.ヒメウ  Pelagic Cormorant
5.ウミウ  Temminck's Cormorant
6.バン  Common Moorhen
7.オオジシギ  Latham's Snipe
8.ウミネコ  Black-tailed Gull
9.トウゾクカモメ  Pomarine Skua
10.ウミスズメ  Ancient Murrelet
11.カンムリウミスズメ  Japanese Murrelet
12.ウトウ  Rhinoceros Auklet
13.ミサゴ  Osprey
14.トビ  Black Kite
15.ハイタカ  Eurasian Sparrowhawk
16.ヤツガシラ  Hoopoe
17.ミヤマガラス  Rook
18.ハシブトガラス  Large-billed Crow
19.キクイタダキ  Goldcrest
20.ヒガラ  Coal Tit
21.シジュウカラ  Eastern Great Tit
22.ヒバリ  Eurasian Skylark
23.ツバメ  Barn Swallow
24.ヒヨドリ  Brown-eared Bulbul
25.ウグイス  Japanese Bush Warbler
26.ムクドリ  White-cheeked Starling
27.ホシムクドリ  Common Starling
28.トラツグミ  White's Thrush
29.ツグミ  Dusky Thrush
30.ハチジョウツグミ  Naumann's Thrush
31.コマドリ  Japanese Robin
32.ルリビタキ  Red-flanked Bluetail
33.ジョウビタキ  Daurian Redstart
34.ノビタキ  Stejneger's Stonechat
35.イソヒヨドリ  Blue Rock Thrush
36.ハクセキレイ  White Wagtail M. a. lugens
37.ホオジロハクセキレイ  White Wagtail M. a. leucopsis
38.キセキレイ  Grey Wagtail
39.タヒバリ  Buff-bellied Pipit
40.アトリ  Brambling
41.カワラヒワ  Oriental Greenfinch
42.カシラダカ  Rustic Bunting
43.ミヤマホオジロ  Elegant Bunting


  1. 2019/04/12(金) 22:53:33|
  2. 舳倉島
  3. | コメント:0

2nd December 2018

12月2日 舳倉島


季節外れの何かを求めて、今年最後の舳倉島へ行ってきました。
予想以上の鳥の少なさでしたが、それも記録の一部。学ぶことも少しありました。


I went hegura to look for a small chance in this late season.
This would be a last birding in Hegura this year.


海上に鳥は皆無で、舳倉島港で最初に迎えてくれたのはヒメウでした。
冬羽、ニューへぐらより撮影。
DSC_4811 (2)
There were no birds on the sea.
The first bird was this Plelagic Cormorant in the Hegurajima Port.



いつも何種類かはいる猛禽類も、この日はこのトビ2羽のみ。
猛禽があまりたくさんいても困りますが、いないとさすがに寂しいです・・・。
DSC_4813 (2)
There was no birds of prey except these Black Kites.
Only the weather was perfect...



ミソサザイだけは島中の茂みの中にたくさんいましたが、さえずらない冬は証拠写真を撮るのも至難の業です。
DSC_4831 (2)
There were quite a lot of Wrens in the bushes around the island.
But it's too difficult to photograph it in the seasons that it doesn't sing on the song post.



鳥の少なすぎる状況の中、草地に隠れているのはアオジだろうと思いながら撮影してみると、意外な場所にいたクロジのメスでした。
DSC_4820 (2)
I was thinking it would be a Black-faced Bunting before I took this photo, but it was a female Grey Bunting.
Grey Bunting basically doesn't inhabit in this type of bright grass area where Black-faced does.



今回もアカゲラに出会いました。

前回の個体と比べると肩の白斑が明らかに小さく標準サイズで、やはり前回の個体がエゾアカゲラである可能性があるかと思ったのですが・・・。
DSC_4836 (2)
I saw a Great Spotted Woodpecker again, and this bird's white patch on the shoulder is obviously smaller than the bird I saw last time.
So I thought the last bird would be possible to be D.m.japonicus, but...



よく見ると左右で白斑のサイズが全然違いました・・・。

左の大きな白斑のサイズがどれほどかはっきりと観察できませんでしたが、これは亜種間の識別をさらに複雑にする事実です。
小さな白斑が大きく見えることはないと思いますが、大きな白斑が羽毛や換羽の状況によって小さく見えることはあると思われます。
DSC_4843 (2)
The size of the patches on the both shoulders were much different...
I couldn't see how big the left pach was, but this makes it almost impossible to identify subspecies of GSW by sight.



帰りの船からも鳥は全く見られませんでしたが、唯一撮影したのはこの北朝鮮の漁船。

何故ここに流れてきて、何故誰も乗っていないのかは謎ですが、、、舳倉島周辺の海はこういう事が起こる海です。
その後、海上保安庁が回収したとのことです。
DSC_4856 (2)
I didn't see any birds on the way back to Wajima, but saw this fishing boat from North Korea.
I don't know why it's here and why nobody's on the boat. Here is the sea this kind of thing happens.
I heard Japan Coast Guard had picked it up after this.



来年はまた3月頃から遠征をスタートさせる予定です☆
Next Hegurabirding would be on March next year.



1.ヒメウ  Pelagic Cormorant
2.ウミウ  Temminck's Cormorant
3.ウミネコ  Black-tailed Gull
4.トビ  Black Kite
5.アカゲラ  Great Spotted Woodpecker
6.ハシブトガラス  Large-billed Crow
7.シジュウカラ  Eastern Great Tit
8.ヒバリ  Eurasian Skylark
9.ヒヨドリ  Brown-eared Bulbul
10.ウグイス  Japanese Bush Warbler
11.メジロ  Japanese White-eye
12.ミソサザイ  Wren
13.ツグミ  Dusky Thrush
14.ジョウビタキ  Daurian Redstart
15.イソヒヨドリ  Blue Rock Thrush
16.ハクセキレイ  White Wagtail
17.シメ  Hawfinch
18.ホオジロ  Meadow Bunting
19.クロジ  Grey Bunting

  1. 2018/12/02(日) 16:05:29|
  2. 舳倉島
  3. | コメント:0

15th and 16th November 2018

11月15、16日 舳倉島


今回は2日連続の渡航。

予想通り2日かけても厳しい内容でしたが、船が出ただけでもラッキーでした。
一番良かったのは、2日目にやっとのことで見付けたキタヤナギムシクイでしたが、残念ながら撮影はできずでした。

I went birding 2 days in a row this time, because we cannot stay in the island from November to March.
The island was pretty quiet and it was hard birding as I expected.
The best one I found was a Willow Warbler, though I couldn't photograph it well...



カシラダカ冬羽。ミヤマホオジロとともに、島のいたる所にいました。
DSC_3496 (2)
Rustic Bunting, winter. It is a common winter bird in Japan.



1日目に十数羽の群れで見られたキクイタダキですが、2日目には1羽もいませんでした。
日々鳥が変わっていくのも、舳倉島の面白いところです。
DSC_3701 (2)
There is a flock of roughly 15 Goldcrests on day 1, but I didn't see any on day 2.
It is interesting to see the bird situation is changing everyday in the island.



あっちを向いてくれて、オスの特徴の頭のオレンジまで見えました。
DSC_3698 (2)
Then it turned back and showed me the orange crown, and I found it was a male.



夏を高地で過ごし、冬は低地に降りるヒガラも、ちゃんと舳倉を通ってくれます。
DSC_3846 (3)
There were some Coal Tits. They breed in the highlands and move to the lowlands in winter.



綺麗なアトリのオス成鳥冬羽。今回島で見られた鳥は、ほとんどが近所で見られそうなものばかりでした。
DSC_3901 (2)
Brambling, male adult winter.

Almost of birds I saw were very common birds, so it was like a birding in the park nearby...



そして、いつも頭を悩ませて、永遠に解決することのない大陸型ヒバリ。

今回は3羽いましたが、普通のヒバリより少し大きく、決定的なのは地鳴きが全然違うこと。
亜種なのか個体差なのか地域差なのか、DNAのみが知ることです。
DSC_3526 (2)
continental skylark.
Japanese common skylark is A.a.japonica.
I saw 3 continental skylarks on this day, and they were slightly bigger than japonica and the call was completely different.
Only the DNA can tell the truth so far.



そしてもう一つの亜種問題、アカゲラ・・・。

肩の白斑が大きかったので一見ハシブトアカゲラかと思ったのですが、嘴の形状と三列風切の白斑のパターンが違いました。
特徴だけで判断するならエゾアカゲラなんですが、、、普通のアカゲラの個体差なのか、改めて見ると難しいです。
DSC_4138 (2)
Great Spotted Woodpecker.
This bird's white patch on the shoulder is much larger than D.m.hondoensis which is common in our region, and looks like japonicus inhabits in Hokkaido. brevirostris is also seen in the island sometimes, and its white patch is large like this bird, but the shape of the bill and the pattern of the tertials are different.



1.マガモ  Mallard
2.ウミアイサ  Red-breasted Merganser
3.カンムリカイツブリ  Great Crested Grebe
4.キジバト  Oriental Turtle Dove
5.オオミズナギドリ  Streaked Shearwater
6.ウミウ  Temminck's Cormorant
7.アオサギ  Grey Heron
8.クロサギ  Pacific Reef Egret
9.ウミネコ  Black-tailed Gull
10.オオセグロカモメ  Slaty-backed Gull
11.トビ  Black Kite
12.アカゲラ  Great Spotted Woodpecker
13.ハヤブサ  Peregrine Falcon
14.ハシブトガラス  Large-billed Crow
15.キクイタダキ  Goldcrest
16.ヒガラ  Coal Tit
17.シジュウカラ  Eastern Great Tit
18.大陸型ヒバリ  continental skylark
19.ヒヨドリ  Brown-eared Bulbul
20.ウグイス  Japanese Bush Warbler
21.キタヤナギムシクイ  Willow Warbler
22.メジロ  Japanese White-eye
23.ミソサザイ  Wren
24.ムクドリ  White-cheeked Starling
25.シロハラ  Pale Thrush
26.ツグミ  Dusky Thrush
27.ルリビタキ  Red-flanked Bluetail
28.ジョウビタキ  Daurian Redstart
29.イソヒヨドリ  Blue Rock Thrush
30.ハクセキレイ  White Wagtail
31.アトリ  Brambling
32.カワラヒワ  Oriental Greenfinch
33.シメ  Hawfinch
34.ホオジロ  Meadow Bunting
35.カシラダカ  Rustic Bunting
36.ミヤマホオジロ  Elegant Bunting
37.アオジ  Masked Bunting


  1. 2018/11/16(金) 17:05:37|
  2. 舳倉島
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

YUKI OKAI

Author:YUKI OKAI
1983年生まれ
滋賀県在住
バードウォッチング歴26年

いつしか舳倉通いをするようになり、島で発見する記録は形として残すべきと実感。
それを機に一眼を導入し、渡航回数20回目からこのブログをスタートさせました。

自分の足と目で稼ぐ、オリジナルでリアルな舳倉島の記録を綴っていきます。

日常の野鳥記録は-yukibirding.com-

撮影機材
NIKON D500
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
舳倉島 (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR